| 京都市で体になじむ木の家具を制作・販売しています。ショールームのご見学はお気軽に。

無垢材を使った家具について

そもそも"無垢材"ってなに?

量販店などで売られる家具の多くは「集成材」から作られています。
木に対する知識があまり無い方にとっては、見た目には「木の家具」に変わりはありませんが
集成材とは、小さな木材を寄せ集め、接着剤で張り付けることで天板などの一つの形に形成した木材のことです。
それに対して、当工房のような手作業での家具作りには、
丸太からそのまま切り出して乾燥させた「無垢材」を利用します。

集成材は、木材を無駄なく使うことができるため、安価でありながら品質が安定しているというメリットがありますが
毎日の生活の中で長くお付き合いいただく家具には、ぜひ無垢材から作られたものをおすすめいたします。

無垢材を使った家具のメリット

・安全性
集成材は、使用されている接着剤が人体へ悪影響を及ぼす場合があります。
特に化学物質に敏感な方や、小さなお子様おられる場合は無垢材の方が安心です。
 
・強度が高い
無垢材は伐採時よりも乾燥させた後の方が強くなると言われています。
一方、人工的に作られた集成材は無垢材に比べて耐用年数は短めです。
 
・経年変化を楽しめる
無垢の家具は、長く使っていくことで色合いや、質感の移り変わりを楽しめるのも醍醐味といえます。
傷や汚れが付いても、使い続けることで木肌に馴染み、味わいとなっていきます。

無垢材のその他の特徴

・肌触りがよい
無垢材は熱伝導率が低く、熱を伝えにくいという特性を持っています。そのため夏はさらっとしていて、冬は冷たさを感じにくい。一年を通じて心地よい肌触りを感じることができます。

・湿度を調節してくれる
無垢材は呼吸をしているために、湿度が高い時には水分を吸い、乾燥している時には水分を放出して、室内の湿度を調節してくれる効果があります。それゆえ、家の環境に馴染むまで家具に不具合が生じる場合がありますので、都度アフターケアをさせていただいております。

・リラックス効果がある
無垢材から香る自然な木のにおいには癒しや消臭効果があります。椅子ひとつ置くだけで、その部屋に入る度にふわっと感じられる木の香りはとてもいいものです。

ワシタカ工藝の家具は、主に京都産の杉またはひのきの無垢材から作っております。
無垢材の中でも特に肌触りがやわらかく、木の香りを楽しむことのできる樹種です。
ぜひショールームへ家具を体感しにいらしてください。

商品例

家具やショールームに関するご予約・お問い合わせはこちら
MAIL FORM

オンラインショップ ページの先頭へ

ショールーム来店予約